MENU

やさいの育て方

自宅で出来る“おいしい野菜”の育て方

畑で野菜を育てるのはハードルが高いですが、 キッチンやベランダなら気軽にチャレンジできます。
そこでガーデニングクリエイターのたなかやすこさんに、 キッチンやベランダで野菜を育てるコツを教えてもらいました。
自分で育てた、とれたて野菜は格別においしい! ぜひこの喜びを味わってみてください。

スプラウトを育てよう

スプラウトを育てよう

野菜の新芽のことをスプラウトといい、抗酸化作用が高いので、老化や生活習慣病の予防への効果が注目されています。スプラウトは室内で水だけで簡単に育てられます。梅雨から夏は水が腐りやすいので、冬から春に育てるのがおすすめです。今回は容器に「ココット型(丸くて小さい耐熱性の陶器)」を使った方法と、スプラウト専用容器を使った方法をご紹介します。スプラウトは種類が豊富なので、味はもちろんのこと、種の形、葉や茎の色の違いを楽しめます。春に向けて、キッチンや室内をグリーンで彩りましょう。

ココット型で育てる

スプラウトの種は園芸専門店などで購入できます。“スプラウト用”と表記されたものを選びましょう。

容器は内径4cm、深さ4cm以上のサイズのものにしましょう。とくにラディッシュ(カイワレ大根)のスプラウトは背が高くなるので深めのものがよいでしょう。育てているときに、容器の中で雑菌が繁殖してしまわないように、種をまく前に容器を煮沸消毒するか、よく洗ってから熱湯をかけます。

容器の底に脱脂綿かカット綿を敷きます。目が詰まっていると、根が出にくくなってしまうので、やわらかい綿の部分のみ使用しましょう。コットンがヒタヒタになるまで水を入れます。

容器の底にコットンか脱脂綿を敷きます

コットンに種をつかず離れず、密集気味にまきます。重ならないように気をつけましょう。写真はブロッコリーの種です。

コットンに種をつかず離れず、密集気味にまきます

容器にふたをするように、アルミホイルをかぶせて遮光し、種を土の中にいる状態にします。種が呼吸できるようにアルミホイルにフォークで通気用の穴をあけて、暗所に置きます。ガラスの容器を使う場合は、上だけでなく横もきちんと遮光しましょう。容器ごと空き箱やクーラーボックスなどに入れるのもよいでしょう。その際は通気を確保してください。

発芽するまでは、水分がなくなったら霧吹きで種を湿らせます。

種が呼吸できるようにアルミホイルにフォークで通気用の穴をあけて、暗所に置きます

種をまいてから3日目くらいに芽が出ます。発芽したら、コットンがヒタヒタになるまで水を入れて、1日1回水替えをして遮光します。根が出たばかりの時期は、そっと容器を傾けて優しい水流で水を替えましょう。水は種が少し浸るくらいが目安です。

発芽したら、コットンがヒタヒタになるまで水を入れて、1日1回水替えをします

草丈が4cmくらいになったら遮光をやめて、室内の日の当たる明るいところに移動させます。ベランダなど室外はNGです。

草丈が4cmくらいになったら遮光をやめて、室内の日の当たるところに移動させます

ブロッコリーは草丈が6cmくらいになったら食べ頃です。種をまいてから8日目から10日目くらいです。食べ頃は品種や季節、気温などによって異なるので、種の説明書を確認してください。あまり大きく育てると、育てている間に栄養がなくなってしまうので、早めに食べましょう。

ブロッコリーは草丈が6cmくらいになったら食べ頃です
スプラウト専用容器で育てる

スプラウト専門容器はホームセンターやインターネットで購入できます。今回使用したのは、上の網皿に種をまき、下の水受け容器で水替えをするタイプです。

網皿にギリギリ届くくらいまで水受け容器に水を入れ、網皿に種をまきます。こちらもブロッコリーの種です。アルミホイルをかぶせて遮光します。

アルミホイルをかぶせて遮光します。

種をまいてから3日目くらいに芽が出ます。発芽したら網皿に届く程度に水を入れ、1日1回水替えをして遮光します。

種をまいてから3日目くらいに芽が出ます。

草丈が4cmくらいになったら遮光をやめて、室内の日のあたる明るいところに移動させます。

草丈が4cmくらいになったら遮光をやめて、室内の日のあたるところに移動させます。

写真下は、日の当たるところへ移動させた次の日に、一気に葉が緑色になり、丈も根もぐんと伸びた様子です。ブロッコリーが日の光を浴びて喜んでいるようです。容器が透明だと土栽培だと見られない根の様子が観察できます。アクアリウムのようで癒されますよ。

一気に葉が緑色になり、丈も根もぐんと伸びた様子

ブロッコリーは草丈が6cmくらいになったら食べ頃です。

草丈が6cmくらいになったら食べ頃

ホームパーティーのときは、テーブルにスプラウトを容器ごと置いて、手巻き寿司やオープンサンドはいかがですか? 各自でスプラウトをカットして挟めば、ちょっとした収穫もできてみんなで楽しめますよ。

<これもおすすめ!>

赤キャベツは茎が赤色で、サラダに入れると華やかになります。シソやルッコラはスプラウトも葉と同じ味がします。ゴマはちょっと苦みがありますが、発芽したゴマの若葉は栄養価が高いですよ。ヒマワリは茎がニョキニョキ伸びて面白く、歯ごたえもよいのでさっと炒めてもおいしいです(写真下の緑の器)。ぜひいろんな種類のスプラウトを育ててみてください。

*

撮影/田中淳
編集協力/DECO

近影

たなかやすこさん

ガーデニングクリエイター&イラストレーター。コンテナをメインとした家庭菜園歴25年の経験を活かし、市民講座やワークショップを開催している。
著書に『とれたてがおいしい! おうち菜園』(扶桑社)、『LEE CREATIVE LIFE とれたての幸せ。はじめてのベランダ菜園』(集英社)、『シンプル&エコに育てるおいしいベランダ菜園』(家の光協会)、『ベランダ寄せ植え菜園』(誠文堂新光社)など多数。

http://www.greengloves.jp/

レタスクラブニュース
クスパ
厨BO!
moguna
M's food
Page top