MENU

やさいの育て方

自宅で出来る“おいしい野菜”の育て方

畑で野菜を育てるのはハードルが高いですが、 キッチンやベランダなら気軽にチャレンジできます。
そこでガーデニングクリエイターのたなかやすこさんに、 キッチンやベランダで野菜を育てるコツを教えてもらいました。
自分で育てた、とれたて野菜は格別においしい! ぜひこの喜びを味わってみてください。

葉物のリボベジでキッチンガーデニングをしよう

葉物のリボベジでキッチンガーデニングをしよう

リボベジ(リボーンベジタブル)とは、料理で使った野菜の切れ端や根元を水につけて再生栽培する方法。わざわざ観葉植物を購入しなくてもグリーンを楽しめます。しかも育てば食べられるのでお得! 今回は葉物のリボベジの育て方をご紹介します。ぜひ、野菜がすくすくと成長していく過程を楽しんでください。

香り高い三つ葉

冬から春にかけてが旬の三つ葉は、さわやかな香りが楽しめて、お吸い物などの彩りや薬味にも重宝します。

根付きの三つ葉を使います。茎を5cmほど残して切り、葉丈8㎝くらいまでの新芽も残します(写真下)。残りの葉は料理に使って、リボベジスタート!

細い茎や根の先が黒い部分は、水の吸い上げが悪く萎れてしまいがちなので、まずはハサミで切って水でよく洗います。三つ葉などの根付き野菜は、根が入る深さのコップなどに入れて、根が半分浸るくらい水を入れます。あとは1日1回水を替えるだけ。だんだん根が汚れてくるので、ときどき水で洗いましょう。

3日目くらいから葉が伸びてきて、二週間後くらいから食べられる大きさまで育ちます。このとき重要なのが、どんどん収穫すること。葉が大きくなるまで待つよりも、早めに切って食べたほうが成長しやすくなります。2~3回くらいは収穫できるでしょう。

三つ葉

三つ葉は寒さに強いので、ベランダなど室外でも上手に育ちます。直射日光があたるところではなく、半日蔭(直射日光が当たらない明るい場所)に置くようにしましょう。

冬から春まで楽しめるセリ

独特の風味があるセリは、冬は鍋ものに、春は七草のひとつとして活躍します。

三つ葉と同様に根付きを購入し、茎を5cmほど残して切り、細い茎や根の先が黒い部分を取り除きます(写真下)。セリも寒さに強いので、室外でも育ちます。半日陰に置きましょう。

セリ

水耕栽培でもよいですが、土に植え替えれば水耕栽培よりも長く収穫できます。冬季は根を凍えさせないよう、午前中に水やりを。

写真下はエッグカゴに藁の繊維を敷き詰めて土を入れ、セリを植えた様子です。

*

3か月後には、写真下のように大きく成長しました。ぜひお気に入りの鉢や器を使ってみてください。

*
料理に便利なバジル

バジルはパスタやピザなど、トマトとの相性がよいハーブ。スーパーで売っているパック入りのバジルからだってリボベジできます!

水に挿しておくと1か月くらいで根が伸びはじめ、春には葉が茂りだします。水に浸かる部分の葉は、取り除いておくのが、栽培スタートのポイントです。寒さには弱いので、日当たりのよい室内で育てましょう。

バジルやクレソン、ミントは、根が付いていなくても、水に挿して水替えを毎日するだけで、数日後に根が出て、春には収穫できるようになります(写真下)。

*
何度も収穫しやすいクレソン

生命力が強いクレソンも、バジルと同様に育てやすく、何度も収穫できるのでおすすめです。

水に浸る部分の葉を取り除いた茎の部分から根が出てきます。写真下は、育てはじめて3日後の様子。白い根が出はじめています。クレソンは寒さに強いので、根がたくさん出たら、ベランダなど室外でも育てられます。

*

<これもおすすめ!>

寒さに強く、室外で育てられる野菜は、大きな水耕栽培にもチャレンジしてみてはいかがでしょう? ペットボトルを半分に切り、口の部分を下にしてベランダの睡蓮鉢に引っ掛けました。ときどき水を替えるだけで上手に育ちます。3月中旬頃になると、白い繊細な花が咲くのも楽しみです! ワサビは葉の形が美しく、茎も風味があっておすすめですよ。

*

撮影/田中淳
編集協力/DECO

近影

たなかやすこさん

ガーデニングクリエイター&イラストレーター。コンテナをメインとした家庭菜園歴25年の経験を活かし、市民講座やワークショップを開催している。
著書に『とれたてがおいしい! おうち菜園』(扶桑社)、『LEE CREATIVE LIFE とれたての幸せ。はじめてのベランダ菜園』(集英社)、『シンプル&エコに育てるおいしいベランダ菜園』(家の光協会)、『ベランダ寄せ植え菜園』(誠文堂新光社)など多数。

http://www.greengloves.jp/

レタスクラブニュース
クスパ
厨BO!
moguna
M's food
Page top