MENU

やさいの食べ方

“おいしい野菜”の更においしい食べ方

栄養が豊富な野菜を、毎日食べたほうがいいのは分かっていても、 下ごしらえが面倒だったり、たくさん食べるのも大変ですよね。
作りやすく、食べやすい、野菜をたっぷり使ったレシピをご紹介します。 栄養がしっかりとれ、味も太鼓判ですよ!

今月のピックアップ野菜は…

今月のピックアップ野菜
キャベツ
キャベツは骨の形成を助ける栄養素を豊富に含みます

キャベツには、胃の粘膜の修復を助け、胃潰瘍の予防にも役立つビタミンU(キャベジンとも呼ばれる)が含まれることはよく知られていますが、ほかにもビタミンKが豊富です。ビタミンKは骨や歯を形成するために必要なカルシウムを、骨に取り込みやすいように補助する役割をしています。また、キャベツにはカルシウムも含まれるので、ビタミンKとの相乗効果が期待できます。

作ってみましょう!

キャベツの甘みがたっぷりで、ふんわりやわらか食感
キャベツde糖質オフシューマイ

小麦粉から作られるシューマイの皮は糖質量が高いですが、糖質量の低いキャベツをせん切りにして皮の代わりにまぶしたシューマイは低糖質なおかずです。ビタミンU、K、カルシウムの補給にもなり、低糖質でとってもヘルシー。ダイエット中の方にもおすすめですね。

キャベツde糖質オフシューマイ

材料(2人分)

キャベツ 1/4個(約300g)
しいたけ 2枚
肉だね
・豚ひき肉 150g
・おろししょうが 小さじ1
・砂糖、酒、しょうゆ、ごま油 各小さじ1
・塩 小さじ1/4
・こしょう 少々
・片栗粉 小さじ2

作り方

  1. キャベツを包丁などで千切りにする。半量はでさらにみじん切りにし、ボウルに入れて塩小さじ1/4をふってしばらくおく。
  2. しいたけはみじん切りにする。
  3. 別のボウルに肉だねの材料を合わせ、粘りが出るまで混ぜる。1のみじん切りのキャベツを汁けを絞ってから加え、2も加えて混ぜる。8等分にして丸める。
  4. 3に千切りキャベツをまんべんなくまぶし、耐熱皿にのせる。ふんわりとラップをかけて電子レンジで約7分加熱する。器に盛り、好みで辛子じょうゆをつけて食べる。

※キャベツを千切りにする際に、「ののじ キャベツピーラー スーパーライト」を使えば、誰もが簡単に、細くて、ふあっふあな千切りがつくれます。

ワンポイント

手のひらに千切りキャベツをのせ、その上に肉だねをのせる。さらに千切りキャベツをかぶせ、丸めるようにして軽く押さえる。

電子レンジで加熱するので、食卓にそのまま出せる耐熱皿を使えば、盛りかえる手間なし。辛子じょうゆのほかに、豆板醤やゆずこしょうなどお好みの辛みを試してみて。

撮影/宗田育子
スタイリング/深川あさり
編集協力/早川徳美

近影

満留邦子さん

料理研究家。管理栄養士。健康のことを考え、さらに身近に手に入る材料で作りやすいことをモットーに紹介する家庭料理が人気。
雑誌や新聞の連載、料理番組や料理教室の講師など食にまつわるさまざまな活動を行う。
著書に『ごはんのおともThe OTOMO recipe book』(成美堂出版)などがある。

http://www.mitsudome.jp/

レタスクラブニュース
クスパ
厨BO!
moguna
M's food
Page top